逆子・妊婦の問題

逆子・妊婦の問題について

逆子の原因はさまざまですが、自然に治っていくことも多いです。
しかし、治っていかないものも。
そんな時、東洋医学では、まずはお母さんを楽にします。
母児は一緒と考えます。妊娠中の母児は、共鳴しあっています。
お母さんがどういう環境で、どういう状態でいるかが大切です。
安心できる環境を提供します。そのためにリラックスが必要です。

妊娠されている母体は、中に胎児がいるため、
2人分のエネルギーがあるため、エネルギッシュなため、
強い刺激は入れていきません。
鍉鍼(ていしん)という刺さない鍼で十分。
鍉鍼を使用して、優しいけどしっかりと気を流していきます。
ただ、胎児の動きわるいとき、予定が日まで時はがないときは、
小さいお灸を足の小指の至陰(しいん)というツボを使用し、
しっかりと刺激を入れていくことがあります。
しかし、基本的にお母さんが気持ちいい刺激を入れていきます。
ほとんどの妊婦さんは、寝てしまいます。
そのリラックスが大切なのです。

妊娠は女性の体に対して、心身の負担が多いものです。
現代は仕事をギリギリまでされる方が多いので、
体のこりや冷えを改善していくことも大切です。
東洋医学では、昔から安産のため、妊娠中の体調を整えるため
母児共に元気をするため治療をしています。
怖がらず、治療を受けてみてください。

妊娠は、女性にとって大きな出来事です。
妊娠で体質が変わることもあります。
妊娠を切っ掛けに、母児ともに元気になっていきませんか?
妊娠・出産に一番大切なことは、心配をできるだけ軽減し
リラックスしていくこと。
素敵な出産ができるようお手伝いいたします。

逆子・妊婦の問題イメージ

ページトップへ