インフォメーション

BLOG, 18項目

体を動かさず体を強くする

武術や養生法の体づくりで重要なのは、
たんとう功(立禅)です。
これは立って腕を上げているだけなのです。
最初はこのような練習で本当に強くなれるのかと思っていました。
夏は蚊に刺されるし冬は手がかじかむし、
肩はこってくるしつらいだけのような気がしていました。
イメージを使い、
ボールをかかえていたり、
頭、肘が引っ張られている感じとか、
水の中に入っている感じとかで立って、
その後二人で推手(腕と腕と合わせて力試し)
をするとなぜか先輩は圧倒的に強い。
こちらが全力で押してもビクともしない。
何でなんだろう。
と随分考えました。
またやみくもに練習しました。
最初は力ずくで腕押ししていましたが、
それでは相手に力が通らないことがわかり、
それから全身の通りが良くなるように、
無駄な体内の緊張を抜き、
全身がポンプやばねの様になるように練習して、
うまく押せるようになりました。
それからは体重や身長差が
あまり感じられなくなってきました。
ポイントは、
全身の通りが良くなるように、
無駄な体内の緊張を抜き、
体内をポンプやばねの様にして
全身を1本の腕の様にするかんじです。
当然、全身の血流もよくなるので、
血色もよくなりますよ。
そのためには
静中に波の感覚を求めることが大事です。
少し圧をかけてやりこむと、
エネルギーが濃くなってくる感じがします。
お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ