インフォメーション

自強養生

自強養生6

今は、ストレス社会、忙しすぎて、つい攻撃的になったり、攻撃されたり、
攻められると、自分のエネルギーがかけるような、しぼむような感じがします。
そこでさらに「自分が悪い」と、自分を責めてしまうと、
自分が最大の敵になってしまい、
ますます、自分の首をしめることになり、思い悩めば、胃の裏が硬くなったりします。
そこで、おすすめするのは、大木のイメージです。
大木になり、大地に深く根を張り、天地とつながるように。
大きく枝を広げて、光のエネルギーを吸収します。
気功と組み合わせると、さらに効果的です。
手のひらをこすりあわせ、1センチほど離すと自分のエネルギーを感じます。
それを膨らませたり縮めたりして、感覚を強めたら、
手のひらを下に向け、上下させ、
イメージを使い、足下、頭上に広げ、
あとは体と手の動きは、自由で。
体の上下からのエネルギーの流れを感じています。
この状態を保つようにします。

太極拳の一つの技を使って。
左足半歩前、相手の突きを、左手で円を描きながら、
払い、右手で押す時、
相手を押すと同時に、身体は沈むように。
無駄な筋肉の緊張を取り除いて。
相手は腕の力で押した時より、
強く押される感じがするでしょう。
安定感も出てきます。
逆も行って下さい。
何回も繰り返して、感じをつかんで下さい。

体回旋運動をする時、体のつまり、滞りを取り、
パイプのように、水(気)がよく流れるように。
さらに、沈む感覚を加えて、長い時間行うと気持ち良くなってきます。
目標は地球と同調です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ