インフォメーション

自強養生

自強養生5

上下相随 含胸抜背
中国武術でよく聞く言葉です。
姿勢の要求です。
姿勢をとったら、即、武術(臨戦体勢)、
または、養生の体勢(全身に気血がめぐる状態)、
と私は思います。

立ち方確認して、
膝とソケイ部をゆるめて、
尾骶骨を丸めぎみにすると、腰がまっすぐになり、
胸は張らず楽に、背中の通りがよくなり、
足の力が、体幹を通って腕に伝わります。
押されても、どっしりしてきます。
上半身の緊張が、抜ければ抜けるほど、
体の通りがよくなるほど、
地面の力が使えるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ